本ページはプロモーションが含まれています。

結婚生活がしんどい不幸?ストレスの対処法と結婚に向いていない人の特徴

恋愛

結婚生活がしんどいというのは不幸?

結婚生活がしんどい不幸であるというたいていの原因は、不仲になるが故です。

なぜ不仲になるかですが、これは性格が合わないとか、思考回路自体が全く異なることで強いストレスを感じるのです。

簡単に言えば、超潔癖症の方がガサツな方と暮らした場合、ストレスになるのは相手が不衛生であるが故ストレスになるのです。

そして自分もそうした不衛生な人をパートナーにしていることでさらに不仲が加速するのです。

不仲は、お互いのどちらかが折れれば解決すると思われていますが実はそうではないです。

なぜなら、不仲でどちらかが折れるというのは単に相手に我慢をさせているだけでいずれ我慢の限界が来ると大惨事になります。

大惨事になるともう手に負えないことが起きるうえ離婚という流れになるため不仲は、最も結婚生活がしんどいと感じる不幸の一つです。

離婚している状況の妄想をする

結婚生活がだんだん難しくなり、喧嘩が多くなってくると、パートナーのいない生活を妄想するようになる夫婦も多いのではないでしょうか。これは、相手の意に沿わざるを得なかったパートナーの恨みからくるものである場合もあります。たとえ声に出さなくても、今の関係から離れた生活や、それに伴うあらゆる可能性を想像し始めるかもしれません。たとえそれが単なる思い過ごしであったとしても、このような妄想は、結婚生活を好転させる可能性を信じられなくなっている証であり、結婚生活に大きなダメージを与える可能性があります。

お互いに相手への気持ちをないがしろにしている

結婚生活がうまくいかないと、お互いが自分の本当の気持ちを無視するようになることがよくあります。喧嘩や言い争いに夢中になって、相手に良い影響を与える表現を忘れてしまったり、皮肉や厳しい言葉で心の奥底にある本当の気持ちを「埋めて」しまったりと、その形はさまざまです。自分の感情を否定することは、精神的なダメージが大きく、意味なく行動してしまい、かえって物事を難しくしてしまうことがあります。夫婦がこのことを認識し、自分の本当の気持ちを避けるのではなく、正直に話すことができれば、結婚生活をより強固なものにすることができるのです。

一緒にいても、いつも一人の時間を過ごしている気がする

二人がうまくいっていないとき、相手がいるにもかかわらず、いつも一人でいるように感じることがあります。これは、互いを詮索することに集中しすぎて、実際に一緒に楽しむことができないためで、両者は孤立し、孤独を感じることになる。また、自分の気持ちが一方的なものだと思い込んでしまうこともありますが、両者が同じように感じているのであれば、それは必ずしも正しいことではありません。相手が自分と同じ気持ちであることを理解することは、安心感を与え、より有意義な交流への足がかりとなるのです。

困難な結婚生活は、結婚生活が破綻することを保証するものではありませんが、大きなストレスとなり、関係に負担をかける可能性があります。離婚を妄想する、互いの気持ちを無視する、いつも一人だと感じる、などの兆候をパートナー双方が認識できれば、事態を好転させる可能性はぐっと高まります。いつもそうですが、コミュニケーションが重要です。お互いが自分の気持ちを正直に話し、お互いの感情を理解することで、困難な結婚生活の解消に大きな違いが生まれるのです。

結婚生活がしんどい?ストレスの原因

結婚生活がしんどい場合のストレスの原因は性格とか思考回路が全く異なることでのストレスです。

ストレスというのは馬鹿にならず、問題になるのがストレスがたまりすぎることで不満が爆発することです。

たとえば、理系と文系の人が思考回路が異なる場合、合理的に考えるのと、道徳的に物事を考えるのではかなり思考回路が異なり結果も異なります。

合理的な考えの場合、無駄を省くことが重要であると考えるため、挨拶をするという行為ですら無駄だと思えはしません。

一方、道徳的に考える人は、挨拶は道徳上相手を知ることにあると考えるため無駄と考えません。

この両者が交わると起きるのがストレスで、全く異なる思考回路故だんだんと疲れがたまってきて相手のことを理解できなくなり最終的にはストレスが爆発して相手の不満しか感じなくなるのです。

休みが合わなくて、常にワンオペ育児

夫婦の休日が重なると、育児が大変になることがよくあります。夫婦のどちらかが仕事をし、もう一方が子供の世話をするために仕事を休むかもしれません。このような場合、両方の親が子供の世話に追われることになり、ストレスがたまることになります。また、育児にかかる費用や、一方の親が育児の経済的負担を負い、もう一方の親が育児に全責任を持てないという事実も考慮すべき問題です。このような不均等な責任分担は、結婚生活にさらなるストレスをもたらす可能性があります。

義母が過干渉でデートについてくる

結婚生活でよくあるもう一つのストレスの原因は、子育ての決断に口を出す姑です。特に姑が、子供の養育について決定する資格があるのは自分だけだと考えている場合、夫婦に過度のストレスを与える可能性があります。これは結婚生活に緊張をもたらし、片方の親が憤りを感じ、干渉されずに子育てをすることができなくなる可能性があります。

出産後、妻の関心が100%子供に集中でかまってもらえない

子どもの誕生は喜ばしいことですが、パートナーとの関係にもさまざまな変化が生じます。そのひとつが「注意力の変化」で、母親が赤ちゃんに注意を向け、父親がそれを疎ましく思うことがよくあります。特に母乳育児の場合、頻繁に授乳する必要があり、新生児の要求が母親にとって非常に大きな負担となることがあります。このような場合、父親は自分が妻の中心でなくなったと感じ、孤独感や憤り、あるいは怒りの感情を抱くことがあります。結婚生活において、多くのストレス源が関係の質を低下させる原因になることは明らかです。記念日や休日となると、育児やその他の費用の必要性が緊張の原因になります。姑の過干渉は、夫婦の子育ての判断に負担をかけることがあります。また、新生児の世話に追われ、父親が見捨てられたように感じることもあります。ストレスが夫婦関係にどのような影響を与えているかを意識することで、夫婦は協力してストレスの感情をうまくコントロールし、愛情に満ちた充実した結婚生活を維持することができるようになります。

結婚生活がしんどいときの対処法

結婚生活においてストレスを感じてしんどいという場合対処法はほぼ決まっていてストレスを発散するしかないんです。

発散方法はストレスを感じている人にお任せしますので、カラオケに行くなり、暴飲暴食をするなり、ボクシングのエクササイズに通ってスパリングでストレスを発散する鳴りをするとよいです。

肝心な点はいかにストレスを発散して相手を受け入れるかで、結局は我慢です。

これができないと相手に対して性格とか思考回路を全く別のものに変えてもらうという暴挙に出るしかないんですが、これはほぼ不可能で、生まれついてできた性格とか長年の考えの集大成である思考回路を全く別のものにしろというのはまず不可能で、別人になれというようなものなのでまず相手は受けれいませんし、受け入れたところで全くの別人になれるわけないです。

夫婦間で役割分担を決める

健全な関係を維持するために重要なことは、夫婦の役割分担を理解することです。これには、家事、金銭的な決定、育児などのタスクが含まれます。この問題を決定する前に、お互いの問題点を話し合い、二人の関係にとって有益な役割分担について合意しておくことが重要です。これは、お互いの好みを考慮し、お互いが満足できるような妥協点を見つけることを意味します。

時短アイテムを活用する

人間関係の問題があっても、二人がすべての目標を達成できるようにするためには、時間を最適化する方法を見つけることが有益かもしれません。ロボット掃除機、スロークッカーやインスタントポット、Google Homeなどのスマートアシスタントなど、時間を節約できるアイテムに投資することは、より短い時間でより多くのことを成し遂げるための素晴らしい方法です。

シェアサービスを利用する

また、仕事と育児を両立させるためのサービスも活用できます。例えば、食材の宅配サービスを利用すれば、時間の節約になり、食材の買い出しも便利になります。また、マッサージセラピストやライフスタイルコーチ、妊活中の方は不妊治療サービスなど、ストレス軽減に役立つサービスを利用することも大切です。結婚生活がつらいとき、ストレスや困難を乗り越えていくのは難しいかもしれません。しかし、忍耐と理解があれば、夫婦が直面しているどんな問題も乗り越えることができます。健全な結婚生活を送るためには、役割分担を話し合い、時短アイテムで時間を最適化し、共有サービスを活用することが不可欠です。正しいアプローチで、夫婦はどんな試練にも負けず、強い絆を築くことができるのです。

結婚生活がしんどいのは結婚生活が向いていない?

結婚生活がしんどい、結婚生活が向いていないのでは?ということですが、そうかもしれませんし、我慢が足りないのかもしれません。

結婚というのは、我慢が必要なこともありまして、相手の考えとか行動について我慢を求められることがあります。

これを許さないとした場合、相手に対して性格とか思考回路を変えて別人のようになってもらうしかないわけですから相手がそれを良しというかはわかりかねます。

既に我慢をしていて限界であるという場合、相性が悪かったが故、離婚を考えているというのであれば、それは正しい判断なのかもしれません。

結婚生活が向いていないというのは、落としどころを見つけたうえで向いていないのであれば、どうしようもないわけでそれ以上苦しむ必要がないと感じるのであれば、離婚というものを考えても仕方ないのです。

給料を「独身だったら自由に使えるのに」と考えてしまう

独身であることの利点は、自分の給料を自由に使うことができ、誰かや何かに対する義務がほとんどないことです。あなたは誰に対しても金銭的な約束を課されることはなく、より柔軟で自由に好きなものを買うことができるのです。稼いだお金や貯めたお金は、バケーションや、いろいろな場所を見たり、新しいレストランで食事をしたりといった楽しい体験に使うことができるのです。このような自由が、少なくとも経済的には独身を貫くという考えを多くの人に抱かせるのです。

掃除や洗濯など、家事をやるのがとにかく辛く感じる

家事をする上で悩む人は少なくありません。結婚していると、家事に対する期待や考え方が異なるため、バランスをとるのが難しくなります。食器洗いから掃除まで、家事は定期的に行わなければならない面倒な作業であることが多い。さらに、これらの家事をする責任を共有することを好まない人もいるため、さらに難しくなってしまいます。

相手の親族と付き合うのが、本当にめんどくさい

結婚すると、望むと望まざるとにかかわらず、パートナーの親族が生活の一部となる。これは、多くの親族がいることに慣れていない人にとっては、個性的な人たちがたくさんいて、うまくやっていくのが難しいかもしれません。さらに、特定の親族やその考え方と食い違うこともあり、緊張が走ることもあります。お互いの家族と良好な関係を保つことが常に重要であるため、これは本当に厄介なことです。結婚生活を続けるかどうかの決断は、大きく、しばしば困難なものである。支出の自由度、仕事量、パートナーの家族への対応など、決断する前に考慮すべきことはたくさんあります。もし、あなたが結婚に伴う余分な責任を負えない、または負いたくないのであれば、独身を貫くことを選ぶのがベストかもしれません。最終的な決断は、あなた次第です。

結婚生活がしんどいのまとめ

は、離婚や妄想をするのではなく、それぞれが相手の気持ちを大切にし、役割分担を決めることが大切です。また、時短アイテムやシェアサービスを利用して、家事や育児の負担を軽減することも有効です。一方、結婚生活が向いていないと感じる場合には、向き合うことも必要です。結婚は、二人の人生を共に歩む決断であり、少し大変だからといって放棄することはできないと考えましょう。

関連ページ:【ペアーズの評判】マッチングアプリpairsはやめたほうがいい?実際に使ってみた感想

関連ページ:【マッチングアプリ比較料金】相場と一覧を徹底比較します!

関連ページ:【マッチングアプリをする40代の遊び】無料の友達作りに!男性・女性におすすめ出会いアプリ

関連ページ:【マッチングアプリの40代男性の現実】体験談とやり方次第で出会いをつかむコツ

結婚生活がしんどいのよくある質問

結婚に向いてない男

結婚に向かない男性は、重要な特徴や資質が欠けていることが多いようです。その特徴は多岐にわたりますが、代表的なものとしては、責任感の欠如、感情的な未熟さ、関係に対する努力の不本意さ、自分の気持ちや感情を表現できない、関係における信頼とコミットメントの欠如、パートナーとの交渉や妥協ができない、自分の言動に誠実さがない、金銭的に無責任または無謀、パートナーの必要性を無視する、などがあげられます。

関連ページ:結婚に向いてない男と向いている男の特徴と見極め方と自覚は?

一人が好きで結婚に向いてない男

この男性は、結婚に向かないある種の特徴を持っているかもしれません。彼は一人でいることを好み、自分との付き合いを楽しみ、自分の人生に他人の存在を必要としない可能性が高い。社交性に欠け、大勢でいるのが苦手か、単に有意義に人と関わることに興味がないのかもしれません。

関連ページ:一人が好き結婚向いてない男の特徴と?結婚に向かない女性を成功させる

アプリの結婚で後悔

アプリと結婚したことを深く後悔しています。一生背負っていくことになる過ちでした。このような結婚をすることの意味を十分に理解しないまま、性急な決断をしてしまい、今、その結果を感じているところです。アプリと私は最初から相性が悪かったのですが、私は手遅れになるまでその兆候を無視することを選びました。

関連ページ:アプリ結婚で後悔は幸せになれる?離婚率は?後悔した瞬間と理由

結婚に向いていない女性

伝統的な考え方では、女性が結婚に適しているかどうかは、一定の基準で判断されます。ある種の文化やコミュニティでは、ある種の両立しがたい特徴を持つ女性は結婚に適さないと判断されることがあります。このような特徴には、妥協を許さないせっかちさ、決断力や判断力のなさ、責任を引き受けたがらない、約束事に対する忠誠心のなさなどがある。

関連ページ:結婚に向いていない女性と結婚向きの女の特徴と一人っ子は結婚は向いていないという診断